fc2ブログ

記事一覧

イスラエル・サウジ連合がイラン攻撃でトランプ復活へ援護射撃

 このように見てくると、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が米国の意向通りに動いていないのは、リクードと米外交問題評議会(CFR)系主導のジョー・バイデン政権との関係が良くないために当然なのである。そもそも、米国の民主党政権や特にCFR系の勢力はいまだに93年に成立し、パレスチナとの二国家共存を定めたオスロ合意を支持しているが、それをリクードや、特に極右政党とも連立を組んでいる現在のネタニヤフ政...

続きを読む

米CFR系による国防費の圧縮と親イスラエル的な福音派

 どうしてイスラエルが一見すると”馬鹿げた”強硬姿勢に出ているかというと、一般的にはベンヤミン・ネタニヤフ首相の延命措置が大きく関係しているといったことがいわれている。 もとよりネタニヤフ首相は退陣すると疑獄事件で逮捕される可能性があるだけに、何としても政権を存続させて自身がその地位にとどまり続けなければならない。ところが、以前から失業率の高水準の状態にあえいでいたなかで、ここにきてハマスに誘拐され...

続きを読む

イスラエルがイラン大使館を爆撃し事実上の宣戦布告

イスラエルが一段と暴走しバイデン政権の足を引っ張ることに 米連邦準備理事会(FRB)の利下げを巡りインフレ動向に影響を及ぼす要因として最近、指標となるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)市況が80ドル台に水準を引き上げていることが注目される。そこでその市況に影響を及ぼす中東の地政学的な要因として気になるのが、ここにきてイスラエルがさらに”暴走”していることで一段とジョー・バイデン政権の”...

続きを読む

バイデン政権がハト派的な姿勢を主導も最近では主導権を喪失

 だとすれば、雇用統計でいえばおそらく非農業部門の就業者数(NFP)が15万人を下回るか、失業率が4%を上回るまでは利下げに踏み切るのは無理があるのだろう。 実際、主要国・地域の中央銀行の金融政策を実質的に統轄・管理している米ロックフェラー財閥本流系のグループ・オブ・サーティ(G30)は欧州中央銀行(ECB)とは異なり、米国ではインフレ圧力がまだ根強い状態にあるため、安易に利下げに向かわないように“忠...

続きを読む

かなりタカ派的になった米雇用統計の内容からうかがわれるもの

株価は急落後に平均時給の鈍化で出直り色を強める 先週の米金融市場では米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測が後退し、さらにイスラエル関連の中東情勢の緊迫化による地政学リスクがこれに加わり、それまで高騰していた日米の株価が調整局面に見舞われやすくなった。さらに、先週末5日に発表された米雇用統計ではかなりタカ派的な内容になり、利下げ観測の後退を一段と助長することになった。 その結果、市場では先々週末の...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。