FC2ブログ

記事一覧

ミスマッチ現象からかなりのハト派サプライズになった米雇用統計

反対の材料が出ても好感されるほど株高が進みやすい状況に 米国では新型コロナウイルスのワクチン接種が極めて順調に進んでおり、景気が急速に回復しつつある。少し以前には感染者の急増から経済規制が強化されていた欧州でも、遅ればせながらこれからワクチンの接種が加速していきつつあるところだ。それに対し、日本では接種が極めて遅れており、東京都と関西3府県に出ていた緊急事態宣言が延長されてさらに愛知、福岡両県も加...

続きを読む

先週の動き‥‥米国経済の急回復期待や超金融緩和策の継続見通しから株高に

ポイント・新型コロナのワクチン接種による景気急回復期待から米国株ではハイテク株から景気敏感株への資金シフトが進み、週末には米雇用統計が極めてハト派的な内容だったことからFRBの超金融緩和策の継続観測が高まって上伸し、ダウは史上最高値を更新し続けた。・外為市場では膠着状態による小動きが続いたが、週末には米雇用統計がかなりハト派的な内容になったことでFRBによる大規模緩和策の継続観測が高まり、ドル安が...

続きを読む

米軍産複合体系の復活で窮地に陥る文在寅政権

ポイント・ナチズム系のトランプ政権では成立当初、国務省の外交官には軍産複合体系で占められていたため、南北の統一や在韓米軍の撤退につながる朝鮮半島の非核化を目指すにあたり、北朝鮮との交渉役を依頼するには韓国で民族的左派系の政権が成立するのが望ましかった。・日本でも安倍前首相の背後の勢力は、米国で軍産系が主導権を握っていた際には日本人に親韓感情を高めようとしたが、ナチズム系が主導権を握り北主導で朝鮮半...

続きを読む

米軍産複合体からナチズム系主導の対北朝鮮政策の変遷

ポイント・今回、バイデン政権は対北朝鮮政策として、オバマ政権の「戦略的忍耐」とトランプ政権の「グランドバーゲン」の中間的な概念としての「調整された現実的アプローチ」という路線を推進していくと表明した。・軍産複合体系が主導権を握っていたオバマ政権では軍事産業系が在韓米軍がそのまま駐留し続けることを望んでいたため、日米韓の枠組みにより北朝鮮に対する制裁を維持し、米韓合同軍事演習により軍事的な脅しをかけ...

続きを読む

バイデン大統領の施政方針演説に見られる米国の置かれた状況

ポイント・バイデン大統領による施政方針演説では中国の習近平国家主席を「専制主義者」と名指しで批判したが、巨大な敵を想定して軍事的に敵対路線を推進したのはレーガン、子ブッシュ政権以来であり、民主党政権としては第二次世界大戦の際のルーズベルト政権以来となる。・そこには米国内を一致団結させる思惑があり、裏返せばそれだけ国内では分裂状態が深刻な状態にあり、米国の世界覇権が斜陽期にあることを示唆するものだ。...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。