FC2ブログ

記事一覧

先週の動き・・・・米中間選挙を過ぎて不透明感払拭から買い戻しが進む

ポイント・国際金融市場では米中貿易戦争への楽観的な見通しに加え、米中間選挙が予想通りの結果になったことで不透明感が払拭されたことからリスク選好が強まり、総じて株価が上昇した。・外為市場ではリスク選好から円安含みに、FOMCでの声明文の内容がタカ派的だったことからドル高気味に推移した一方で、ドイツ経済の不振や中国経済の低調から欧州株が軟弱な動きになったこと、英国のEU離脱問題での不協和音からユーロ安...

続きを読む

先週の動き・・・・米中貿易摩擦の楽観的な見方から株高の場面が目に付く

ポイント・株価はこれまでの動きを継続して動意の激しい展開となったなか、トランプ大統領が今月末の米中首脳会談で貿易問題で楽観的な見通しを示したことからリスク選好が強まり、日米ともに上伸する場面が目に付いた。・外国為替市場ではリスク選好から円安含みになった一方で、ドイツの政局不安やユーロ圏経済の悪化等から週央にかけてユーロ安が進んだ後、英中央銀行の理事会を機にポンド高が進んだことに追随して週後半にユー...

続きを読む

先週の動き・・・・多国籍企業株やハイテク株中心にリスク回避を継続

ポイント・中国株の動きに振り回されながら株価は荒い値動きが続いたが、特に週央以降、トランプ政権が発動した中国からの輸入に高関税を課したことで業績が悪化するとの懸念から特に多国籍企業株やハイテク株が大きく下がるなど、リスク回避が根強い状態が続いた。・外国為替市場では特に週後半にリスク回避から円高気味に振れた一方で、イタリアの財政問題やドイツ、ユーロ圏経済の悪化が嫌気されてユーロ安が進んだ。 先週の国...

続きを読む

先週の動き・・・・米長期金利上昇や中国不安から不安定な動きを継続

ポイント・FOMC議事録でタカ派的な金融政策姿勢が再確認されたり、米国とサウジアラビアとの関係が悪化するとの懸念から中国株主導でリスク回避が強まる場面があった一方で、米中首脳会談が開催される可能性が高まったことで戻すなど、株価は不安定な動きを継続した。・外為市場ではドル・円相場が安定した動きを続けた一方で、週前半にはイタリアの財政不安が一時的に後退したことからユーロ高が進んだものの、後半になると予...

続きを読む

先週の動き・・・・米長期金利上昇から週央に株価が急落

ポイント・米長期金利の上昇を受けてリスク回避が強まりやすい状況のなか、米財務省が為替操作で中国を調査する意向を見せたことも加わって週央に株価が暴落し、ダウは10日に史上3番目の下げ幅を記録した。・外為市場ではリスク回避から円高圧力がくすぶる一方で、英国とEUとの間での離脱をめぐる交渉で楽観的な動きが一時的に出たことや、トランプ大統領もFRBのタカ派的な姿勢を牽制する発言をしたことから、対ドルを中心に...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。