FC2ブログ

記事一覧

先週の動き・・・・好決算や米中貿易戦争への楽観的な見方から株高が進む

ポイント・良好な米景気指標の発表や米手票大手銀行の決算内容が良好な内容だったこと、さらに週後半には米主要閣僚から対中制裁関税の解除を求める意見が出たことや、中国側が大規模な米国からの輸入拡大を提案するなど米中貿易戦争への楽観的な見方から株高が進んだ。・外為市場では週前半に一時ユーロ高に振れたものの、それ以降は良好な米景気指標や好決算の発表でドル高圧力が強まり、さらに米中貿易戦争への楽観的な見方を背...

続きを読む

先週の動き・・・・米中協議への期待やFRB関係者のハト派的な発言から株高に

ポイント・次官級の米中貿易協議が1日延長されるなど交渉妥結期待が高まったことや、FOMC議事録やパウエル議長はじめFOMC委員の相次ぐハト派的な発言からリスク選好が強まり、株価が上昇しやすくなった。・外為市場ではFOMC議事録やFRB関係者の相次ぐハト派的な発言からドル安に振れやすくなったが、リスク選好による円安圧力やドイツのリセッション入りへの不安によるユーロ安圧力から一方的にドル安が進むことも...

続きを読む

今後の市況の見通しと極めて強気な内容になった米雇用統計

ポイント・アップル・ショックを利用して薄い取引のなかで仕掛け的な動きから急激な円高になったことでひとまずピークを打った可能性も。日経平均も再び1万9,000円割れの懸念が遠のいたことで底入れした公算が高い。・ただし、日経平均は16年6月の安値で8~9年サイクル及び3年サイクルが上昇局面に転じたが、3年サイクルが昨年10月初旬で天井を打った公算が高まったため、6月頃にかけて下げていくことが予想される。下値の...

続きを読む

先週の動き・・・・中国不安やアップル・ショックとパウエル発言等で乱高下

ポイント・中国の製造業PMIの50ポイント割れや米ISM製造業景況感指数の悪化、アップルの売上高下方修正見通しから米株価が急落する場面が目に付いたが、週末には極めて好調な米雇用統計の発表やパウエルFRB議長の利上げ見送りを示唆する発言から急騰した。・外為市場ではリスク回避が強まる局面では円高やドル安に振れることが多く、アップル・ショックの際には薄い商いのなか、ドル・円相場が一気に1ドル=114円台に急...

続きを読む

先週の動き・・・・クリスマスを挟み一段と動意の激しい荒れた展開に

ポイント・世界経済減速懸念が根強いなかで米政府機関の閉鎖等もってリスク回避から暴落する場面があった一方で、実際に足元では米国経済が個人消費主導で底堅く推移していることが見直されると暴騰する場面もあるなど、株価は一段と動意の激しい荒れた展開になった。・外為市場ではリスク回避が強まる場面ではドル安圧力が強まったことで、特に週後半には対ユーロでドル安が進んだ。 年末を迎えた先週の国際金融市況は閑散な商い...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。