FC2ブログ

記事一覧

タカ派的でなかったが平均時給が大幅に伸びた米雇用統計

ポイント・今回の米雇用統計は市場でタカ派的と評価されたが、平均時給が大きく伸びたのを除くとそれほどタカ派的といえる内容ではない。その背景には、トランプ政権の意向を受けてFRB執行部がタカ派的な金融政策姿勢を後退させようとしていることがあるかもしれない。・平均時給がこれまでのトレンドから上振れして大きく伸びたのは明らかにタカ派的な要因。U6失業率、長期失業者、パート勤務者といずれもまだ改善傾向を示し...

続きを読む

日本では時代錯誤的な大企業経営者や金融関係者が巣くっている

ポイント・米国が保護貿易主義を強めることで製造業の国内回帰路線にシフトしてきたなかで、世界最大の債権大国である日本の大企業は最大の貿易黒字国であるドイツとともに世界経済成長の阻害要因になりつつある。・今、日本に最も求められているのは、大企業の経営者が従業員に恒常的に収入を得られる期待が強まるようにベースアップを大幅に引き上げることであり、それにより内需が浮揚すれば中小零細企業の景況感も上向くことで...

続きを読む

タカ派的な内容になった米雇用統計

ポイント・今回の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が当月分では事前予想を下回ったものの、前月分や前々月分がそれ以上に大幅に上方修正され、全体的にはタカ派的な内容になった。・その背景には、労働市場のひっ迫化から企業側の求人に求職者が追い付いていないだけでなく、まともに当月分の試算値を出すと過去3カ月平均値がかなりの高水準になってしまうので、作為的に低めに出された可能性を考えないわけにいかない。・今回...

続きを読む

内需掘り起こし等への抜本的な構造転換が求められる日本の輸出大企業

ポイント・日本の対米貿易黒字の削減を実現するには、農産物の輸入関税を撤廃しても規模としては“高が知れて”おり、日銀の超大規模な量的緩和策も大幅に修正できないとすれば、自動車業界が対米輸出自主規制を受け入れるしかない。・自動車の輸出上限が課されると、輸出主導の大企業や株価、金融関係者には打撃となるが、多くの日本人は内需主導の中小零細企業に雇用されており、これまで上場企業が史上最高の経常利益を計上しても...

続きを読む

企業側の採用掘り起こしに変化が見られた米雇用統計

ポイント・今回の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が20万人を超える大幅な増加となり、過去分も計3万人以上も上方修正されるなど、労働需給がひっ迫しているにもかかわらず依然としてかなりの新規雇用者が生み出されている状況が明らかになった。・その背景には、企業側は最近では長期失業者を雇うことで対処してきており、それが全体の賃金抑制につながっていたが、最近では質の悪い労働者を敬遠して主婦層はじめ女性をより多...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。