記事一覧

足元の衝突では米国が勝利し中国への覇権の交代はすぐには実現しない

ポイント・貿易摩擦が激化すれば、米国は中国からの輸入が滞っても他の輸出国からの代替が可能であるのに対し、中国では経済成長に占める輸出依存度が高く、しかもFRBが引き締め政策を強めればバブル崩壊が進んでしまうので明らかに不利である。・「中国製造2025」や技術強要の禁止を受け入れれば、中国はこれまでの経済発展モデルを破壊されてしまう。米国の世界覇権は斜陽期に転じているが、コンドラチェフ・サイクルの期間を...

続きを読む

米系財閥の先祖を遡ると見えてくるカルヴィン派の性格

ポイント・「世界皇帝」が死去したのを機に世界覇権国である米国の支配者の米系財閥で権力の組み換えが起こったようだ。・この米系財閥の祖先はスファラディ系ユダヤ人としてフランスでカルヴィン派のユグノーの高級幹部であり、その後保守的な土壌であるドイツ南部に渡って布教活動をしてより先鋭的な福音派の起源となる宗派を形成した。・当時、ドイツでは東部で悪魔信仰による異端的なユダヤ教の影響力が強くそこから出てきたの...

続きを読む

国際通商交渉で先進国から集中砲火を浴びる中国

ポイント・中国は米トランプ政権による保護主義的な動きに危機感を覚えて「自由貿易の擁護者」を称して欧州に共闘を呼びかけてきたが、本来的に一党独裁国家である中国はそれには程遠く、先進国の関係者からは冷ややかに見られていた。・米国は今回のWTO閣僚会議で自国の貿易赤字の縮小につながらない分野ではあまり参加しなかったが、中国の保護主義的な分野がテーマになると日欧を誘って積極的に参加して激しく攻撃していた。...

続きを読む

現実味を帯びる米国の北朝鮮攻撃と守勢に立つ中国

ポイント・米トランプ政権はCIAが北朝鮮が3月までに米国を攻撃できる能力を手中にするとの報告を受けたことで、それまでに攻撃に踏み切ることを決断した可能性が高い。・ティラーソン国務長官が北朝鮮に対して穏健的な発言が目立つが、それは自身の出身基盤であるエクソンモービルが、朝鮮半島北部のウラン鉱石の利権を握ることで石油産業が打撃を受ける関係があることもあるようだ。・中国はもはや北朝鮮の核保有を防ぐことが...

続きを読む

米国は中国をその気になれば潰すことができる

ポイント・米権力者層としては冷戦構造に持ち込むには、米国だけでなくその相手国も自在に操ることができることが必要になる。かつてのソ連も米系財閥が自在に原油価格をコントロールできたからこそ操ることができた。・米権力者層もその気になれば、エネルギー安全保障面で欠陥を抱えているなど中国を潰すことができるからこそ、「新冷戦」構造に持ち込むことができる。・中国は企業部門が簿外で莫大な対外債務を抱えており、これ...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。