FC2ブログ

記事一覧

覇権国を渡り歩き裏側で主導権を握ってきたユダヤ金融商人

ポイント・最近、ようやく専門家の多くが米国が中国に貿易問題を仕掛けている目的が「中国製造2025」の撤廃や技術強要の禁止にあると指摘するようになったが、トランプ政権で主導権を握っているナチズム系は決して米国の覇権の維持を目論んでいるわけではない。・歴史的にどのような覇権国をはじめとする大帝国も王朝も栄枯盛衰を繰り返していつまでも続くことはなかったが、支配階級でユダヤ人の金融商人が“寄生虫”のごとく“蚕食”...

続きを読む

IS支援に協力もトランプ政権と対立しているトルコ

ポイント・これまで、親イスラエル左派系のコスモポリタン的な勢力が主導していた米国は中東で泥沼の戦闘状態を引き起こすにあたり、米民間軍事会社がISを育成し発展させてきたが、そこに支援する際にはトルコのエルドアン政権を利用してきた。・旧冷戦時代からトルコは欧州と中東の狭間の小アジアに位置しており、NATO加盟国でもあるので米国は重宝してソ連・ロシアと対立を強めてきたが、親イスラエル右派主導のトランプ政...

続きを読む

足元の衝突では米国が勝利し中国への覇権の交代はすぐには実現しない

ポイント・貿易摩擦が激化すれば、米国は中国からの輸入が滞っても他の輸出国からの代替が可能であるのに対し、中国では経済成長に占める輸出依存度が高く、しかもFRBが引き締め政策を強めればバブル崩壊が進んでしまうので明らかに不利である。・「中国製造2025」や技術強要の禁止を受け入れれば、中国はこれまでの経済発展モデルを破壊されてしまう。米国の世界覇権は斜陽期に転じているが、コンドラチェフ・サイクルの期間を...

続きを読む

米系財閥の先祖を遡ると見えてくるカルヴィン派の性格

ポイント・「世界皇帝」が死去したのを機に世界覇権国である米国の支配者の米系財閥で権力の組み換えが起こったようだ。・この米系財閥の祖先はスファラディ系ユダヤ人としてフランスでカルヴィン派のユグノーの高級幹部であり、その後保守的な土壌であるドイツ南部に渡って布教活動をしてより先鋭的な福音派の起源となる宗派を形成した。・当時、ドイツでは東部で悪魔信仰による異端的なユダヤ教の影響力が強くそこから出てきたの...

続きを読む

国際通商交渉で先進国から集中砲火を浴びる中国

ポイント・中国は米トランプ政権による保護主義的な動きに危機感を覚えて「自由貿易の擁護者」を称して欧州に共闘を呼びかけてきたが、本来的に一党独裁国家である中国はそれには程遠く、先進国の関係者からは冷ややかに見られていた。・米国は今回のWTO閣僚会議で自国の貿易赤字の縮小につながらない分野ではあまり参加しなかったが、中国の保護主義的な分野がテーマになると日欧を誘って積極的に参加して激しく攻撃していた。...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。