FC2ブログ

記事一覧

世界経済や国際情勢は右翼的な民族主義勢力が主導権を握っていく

ポイント・親日的なプーチン大統領は民族主義者として安倍首相とも良好な関係にあるが、米国でナチズム系が背後に控えるトランプ政権が成立したことで一段とそれが強化された。・トランプ政権は韓国を手始めに沖縄からも米軍を撤退させていこうとしているため、ロシアとしては歯舞群島や色丹島については日本側に返還しても問題なくなる。・今回のプーチン大統領の爆弾発言は、7月16日にヘルシンキで行われた米ロ首脳会談での両首...

続きを読む

財界を中心に日本に構造転換を求めているトランプ政権

ポイント・米国の忠実な属国である日本では米権力者層とつながっている官僚機構が実質的に統治してきたのであり、支配階級や有識者階級は一様に米国に従属するように思考回路が洗脳されている。・16年の米大統領選挙でクリントン元国務長官が敗れたことで日本では外務官僚の米国とのつながりが途切れたなかで、安倍首相は背後の宗教勢力を介してトランプ現大統領と個人的な関係を築くことに成功したことで、官僚勢力は決定的な打撃...

続きを読む

中国に異変が起こり景気刺激重視が鮮明に

ポイント・中国ではこれまで、習近平主席主導で米とランプ政権の背後勢力と“阿吽の呼吸”で構造改革が推進されてきたが、景気失速の恐れが高まってきたなかで、最近では李克強首相主導で景気刺激重視路線に舵が切られている。・習近平主席はこれまで、その背後勢力が同じ系列につらなるために“阿吽の呼吸”で軍事的、経済的両面での対外膨張政策や不良債権処理策が推し進められてきた。・国有企業の多くはいまだに中央政界の幹部人事...

続きを読む

自動車輸入関税で立場が逆転した米EU首脳会談

ポイント・今回の米EU首脳会談では合意に向けて悲観的な見方が強く、米国側が自動車輸入に25%の追加関税を発動することが警戒されていたが、一転して双方が歩み寄り、関係の修復が優先されることになった。・この首脳会談では、以前には米国側が自動車の輸入に追加関税の発動をちらつかせて攻勢に出ていたものの、実際にはEU側が自動車関税ゼロを打診したことで、米国側が交渉カードを失うことを恐れて工業品についての交渉に...

続きを読む

人民元の防衛ライン接近を意識した今回のトランプの言動

ポイント・トランプ大統領はEUと並んで中国も自国通貨(人民元)を不当に低めに誘導していると批判したが、中国の当局は特に元相場が下がっていたなかで特に動いておらず、むしろ動いていなかったからこそ下がっていたと言える。・ただ、これまではかつて、中国危機に見舞われた際と比べると元安圧力が強くないために投機筋に足元を見られないようにするために介入してこなかったが、人民元相場が1ドル=6.8~7.0元の「防衛ライ...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。