FC2ブログ

記事一覧

米国による中国攻撃の転換点と新国際通商協定の締結に向けた動き

ポイント・米ナチズム系の権力者層は昨年6月の米朝首脳会談以降、次の二つの要因から中国に対して貿易戦争を仕掛けるわけにいかなくなってきた。その一つはこれまで高成長を謳歌してきた米国経済が減速していき、20年にはリセッションに陥る恐れすらあるからだ。・もう一つは、貿易戦争を仕掛けたのが奏功して中国経済が既に失速状態にあるなかで、中国を撃滅しようとしているコスモポリタン系とは異なり、ナチズム系は将来的に覇...

続きを読む

米国の中国への攻撃と既に失速している中国経済

ポイント・先週の次官級の米中貿易協議では開催が1日延長されたなど協議がうまくいったことが両国から喧伝されているが、既に首脳会談で合意されていた輸入の大幅増額を中国側が実現するにあたり、輸入品目の選定や規模を巡り時間が割かれた可能性が高い。・米国側の本来的な要求項目のうち、「中国製造2025」での外資系企業の参入や知財問題での専門部門の設置については全人代で制度化を決めるのだろが、知財問題については米国...

続きを読む

貿易戦争による苦境から米国に屈服、譲歩しつつある中国

ポイント・ユーロ圏経済の悪化は中国経済が悪くなっていることでドイツの輸出の落ち込みによるものだ。中国ではもとより固定資産投資が抑制されており、内陸部の農民の購買力も脆弱ななかで、米国との貿易戦争から輸出が大打撃を受ければ大きく落ち込んで当然だ。・米国は世界最強の軍隊を備えていることで海上交通路を抑えているために“兵糧攻め”をすることが出来る。また人民元がFRBの金融政策の“人質に取られた”状態にあるた...

続きを読む

長期的に日本の財界は米国から離れて中国と親密化へ

ポイント・米国は通信機器メーカー2社を含む中国の5社に対する規制が強化されるが、それは米公的機関に納入したり取引する場合に限定されており、第三国への納入や取引、及び日本企業を中心にその5社に部品を供給するケースでは制裁の対象にならない。・中国の通信機器メーカーは技術の盗用で「5G」はじめ通信技術で米国を凌駕しつつあるといわれるが、裾野の部分については脆弱であり、部品の供給を停止されると生産が全面的...

続きを読む

ゴーン逮捕の背後もゴールドマン排斥の動きがある

ポイント・今回のゴーン前日産自動車会長の逮捕劇は有罪にできるか微妙だが、東京地検特捜部は以前から入念に準備を進めていたようであり、その背後に安倍政権の意向があっておかしくない。・日産がルノーの支援を受けることになった際の大規模リストラ政策をフランスの部分的な国有企業の性格が強く、労働組合も強いルノーから派遣された人物に策定できるはずがなく、本当はその背後にゴールドマンがいたようだ。・日産は提携して...

続きを読む

プロフィール

17894176

Author:17894176
永山卓矢と申します。
有限会社ナリッジ・クリエイション代表です。
現在、マクロ経済の分野でアナリスト業務を中心に活動しています。
フリーの立場で従来のマクロ経済や金融市場分析に限らず、その背後の政治的な権力闘争に至るまで調査活動を行っています。
これまで、月刊誌『商品・証券・金融先物市場』とその後継の『フューチャーズ・マーケット』や投資日報社などの大部分のインタビュー記事の作成をはじめ、他の情報媒体の市況執筆に携わってきました。
また、『「実物経済」の復活』(副島隆彦著 光文社刊)』はじめ、著名評論家の著作本執筆の実質的な共著や補助などの業務に携わってきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。